2016.04.14 木

鎭子さんの時代

第4話 手のモデル

img055

照明で肌が赤くなったこともあり、肩はタオル、
目はサングラスで防備して撮影に臨んだ鎭子さん。

 

 

 

 

    晴子さんの手を見て思い出したのは、『暮しの手帖』の誌面に登場する“手”のモデルはずっと鎭子さんがしていたというエピソードです。『君がやれば』と言い出したのは花森さん。鎭子さんの手が初登場したのは昭和25年の第7号で、『暮しの手帖』のグラビアページに初めて食べ物の記事を載せ、大好評だった記念すべき号でもありました。

 テーマは『誰にでも必ず出来るホットケーキ』。銀座の人気喫茶店「巴里コロンバン」の料理人に教わったホットケーキの作り方を、プロセス写真入りで紹介したのです。

 

_DSC1113

昭和25年の『暮しの手帖 7号』より。 卵白をしっかり泡立てて作るレシピです。
琺瑯のボウル、フルイ、鉄のフライパン、そして水玉のエプロン。
スタイリストのいなかった時代、道具や服装選びや準備はどうしていたのでしょう?

 

 「花森さんは洋菓子職人(男性)の手ではごつごつして、読む人が楽しく作ってみたいという気がしないのでは、と思ったのかもしれないわね。だから『君がやれば』ということになったの。それ以降、料理や編み物に限らず大工道具を握ったりもほとんどわたしの手」と鎭子さん。  

      ホットケーキのページを見ると確かに女の人の手で、卵を割ったり、粉をふるいにかけたりしています。今見ると全く違和感がなく、「日本のパンケーキのルーツはここにあったのか!」と感慨深くはあるものの、手はさらりと見過ごしてしまいます。でも当時の読者からは何度も「どなたの手ですか?」「どんな手入れをなさっているのでしょう?」といった質問をいただいたそう。  

      実際鎭子さんは手にはたいへん気を使い、寝る前のマッサージは欠かさなかったし、暑い日でも手袋をして手をかばっていたと言います。 先日大橋家に伺った際、晴子さんが手袋をしているのを見て思ったのは「晴子さんは鎭子さんのピンチヒッターがいつでもできるようにと思ってらしたのかもしれない」ということ。それはあながち間違いではないかもしれません。

 

 

_DSC1118

昭和27年の『暮しの手帖 16号』より。直線立裁ちのワンピースを紹介した「浴衣のように着る服」より。撮影場所は銀座松坂屋屋上。背景から当時の銀座の様子が伝わってきます。

 

      

鎭子さんのモデルは手に限りませんでした。 ある時は浴衣の反物で作った直線裁ちの服を着て、またある時はサブリナパンツで家事特集のページに誌面に登場しています。こちらも花森さんの発案であっただろうと思いますが、写真にはプロのモデルとは違うリアリティがあるように思えます。毎日をいきいきと働き、生きた鎭子さんは写真でも誰にもこびることなくはつらつ。女性の読者には評判が良かったのではないでしょうか。でも自然体でカメラの前に立てるなんてすごい度胸ですよね。

 

 

 “朝ドラ”では女優の高畑充希さんが演じる小橋常子にも、モデルをつとめるシーンがあるでしょうか。鎭子さんは楽しみにしていると思うのですが。

 

 (田中真理子 文)



Green Shopグリーンショップについて

  • グリーンショップは暮しの手帖社のグループ会社です。
    器や調理道具、洗濯道具、掃除道具、家具など日々の暮らしを大切に過ごすための生活道具を提案しています。
    グリーンショップについて >
  • グリーンショップ公式facebook
  • グリーンショップ公式instagram

送料イメージ
全国一律送料700円 15,000円以上で送料無料