お知らせ・読み物

第3話 進化?する定番/出産祝い

お祝い上手2018.03.26 月

「なにそれ?」 自分の経験は四半世紀以上前のことなので、昨年母親になった姪に最近の出産祝いについて尋ねた時のことだ。「もらって嬉しかったのはなに? いらないものはなかった?」。彼女がいろいろ話してくれたなかに初めて聞くも...

詳細はこちら >>

第2話 いい台所道具をひとつ/自立祝い

お祝い上手2018.02.26 月

今から40年以上前のこと。親元を離れ上京し、しばらくして鉄のフライパンを買った。何かで見知って欲しくなったのだ。  最初に空焚き、くず野菜を炒めての油慣らし。使い終わった後はよく乾かしさっと油をひいてしまう。教科書通りを...

詳細はこちら >>

第1話 サムシングレッド/還暦

お祝い上手2018.01.25 木

誕生日や記念日、節目の日。特別の日が苦手でずっと生きてきた。お祝いされると居心地がよくない。何かもらっても本当に欲しいものでないと喜べずそれが顔に出るらしい。いきおい人様をお祝いするのにも消極的。要するに自意識過剰で、お...

詳細はこちら >>

第12話 「焼きリンゴ」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.10.20 金

 「一 皿のご馳走」から   秋たけなわ。果物屋さんやスーパーの果物コーナーが一年でいちばん賑わうこの季節にご紹介したいのは、55年前の焼きリンゴ。昭和37年『暮しの手帖・秋号(66号)』の「一皿のご馳走 5」の中に登場...

詳細はこちら >>

第11話 「おやつにも朝ご飯にも/ドーナツ」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.09.20 水

 ペ ギー葉山さんのドーナツ  ドーナツはこの連載を始めるときから、とりあげたいと思っていました。でも改めて考えてみるとはっきりしないのです。なぜ「昭和のおやつ」と言えば、ドーナツを連想するのか? 粉と卵と砂糖と油の組み...

詳細はこちら >>

第10話 「なつかしのあずきアイスの作り方」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.08.18 金

 ヘ ンテコな世の中  昭和52年刊行『暮しの手帖・Ⅱ世紀 49号』。あずき好きにはたまらない写真につられ、リードを読むと、花森さんの鼻息の荒さに圧倒されます。  「かき氷とか、氷水といえばすむものを、フラッペなどといっ...

詳細はこちら >>

夏季休業のお知らせ

お知らせ2017.08.3 木

【 8月10日(木) ~ 8月15日(火) 】夏季休暇をいただきます。 期間中はご注文対応・出荷業務、お問い合わせについてもお休みとさせていただきます。 営業開始日8月16日(水)より、順次ご対応を進めてまいります。 ※...

詳細はこちら >>

第9話 「レモンとチョコレート 二つのムース」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.07.20 木

 堂 々とした写真  昭和52年刊の『暮しの手帖Ⅱ世紀48号』に掲載された「レモンとチョコレート 二つのムース」のページで手が止まったのは、その堂々とした写真と、そこに添えられた料理家の名前ゆえでした。  余分な飾りのな...

詳細はこちら >>

第8話 「チーズとポテトのパン挟み」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.06.20 火

 「お やつの時間」  昭和31年~32年にかけて『暮しの手帖』に連載された「おやつの時間」は、そのタイトルも、おやつのラインナップも、写真の雰囲気も、探偵が大好きなシリーズです。  メインの材料は、さつまいも、りんご、...

詳細はこちら >>

第7話 「水ようかん さらしあんを上手に使って」

昭和のおやつ レシピ探偵2017.05.19 金

  め ずらしい和のお菓子  昭和23年の創刊以降、昭和に発行された『暮しの手帖』で、和のお菓子のレシピ紹介は数えるほどしかありません。今回はそのひとつ、昭和40年・79号に掲載された「水ようかん」をご紹介したいと思いま...

詳細はこちら >>

Page 1 / 41234

Green Shopグリーンショップについて

  • グリーンショップは暮しの手帖社のグループ会社です。
    器や調理道具、洗濯道具、掃除道具、家具など日々の暮らしを大切に過ごすための生活道具を提案しています。
    グリーンショップについて >
  • グリーンショップ公式facebook
  • グリーンショップ公式instagram

送料イメージ
全国一律送料700円 15,000円以上で送料無料